60代の母への誕生日プレゼントには

60代を迎えた母に誕生日プレゼントをする場合に、どのようなギフトが喜ばれるのでしょう?
かつてこの年代の方はおばあちゃんと呼んでも差し支えありませんでした。
でも、現在では行動も考え方も容姿も若々しいため、一口に60代といって今と昔では大きな違いがあります。
プレゼントに関してもその点を踏まえて選ばなければなりません。

 

70歳を迎えら方はこちら古希プレゼント

 

 

まず60代の母への誕生日プレゼントで最初に行なうべきは、どのような物が欲しいかリサーチを行なうことです。
改めて調べてみると意外な所にニーズがあるもので、ライブのチケットやゲーム機などが喜ばれることが多くあります。
ライブのチケットはあらかじめどのようなアーティストが好きかをチェック。
近場での開催でなければ旅行と共にプレゼントするのでも良いでしょう。

 

ゲーム機に関しては、ゲーム自体にはこれまで興味がなかった方でも、それぞれでパズル好き・動物好き・推理物好きなどと好みがあります。
そうした好みに合わせてソフトと共に贈ると意外にも熱中することが多くあるのです。

 

続いて60代の母への誕生日プレゼントでは、本人が興味を示さない物でもあえて贈った時に喜ばれる場合があります。
特に洋服は贈り物として非常に嬉しいもの。
贈る側の若い感性で、コーディネートすれば母を大きく若返らせることができます。

 

かつては今のようにきれいな服が多くありませんでした。
だから、今の若者に対してうらやましく思う方も非常に多く、憧れの若々しい服装に袖を通す機会を贈ると非常喜ばれます。

 

60代母の誕生日プレゼントには何が良い?


60代といえばまだまだ元気だし、動き回れる年代ですよね。
そんな元気な60代の母の誕生日にプレゼントすると良いものって一体何なのでしょうか?
やはり、長く使ってもらえるもの、大事にしてくれそうなもの、そして何よりも喜んでもらえるものが良いですよね。

 

でも、今まで何回ともなく誕生日を迎えてきた母にあげるものって、過去にもらったものとどうしても被ってしまう可能性もあります。
もちろん、かぶってしまっても喜んではくれると思いますが、やはりいつもとはちょっと違うプレゼントをあげることも大切。

 

この年代になると「好みがわかっている」「サプライズ要素」が大切となってきます。
60代ともなると、地味なものが良いと思う方も多いと思います。
それは必ずしも当たっているわけではありません。

 

60代でも「本当は派手なものが好き、でも勇気がない」といった方は多く、女性なら特に周りの目を気にするので、自分の見た目と合ったものしか身につけないといったことがあります。

 

なので、本当に祖母のファッションセンスや好みがわからない場合は、そういったものを贈るのは避けても良いかもしれませんね。
サプライズ要素としては、プレゼント+手紙をつけると、感謝の気持ちが伝わって喜ばれますよ。

 

60代ともなると、眠りが浅くて熟睡できないといった方がいると思います。
そういった方には抱き枕がおすすめです。
特に一人暮らしをしていると寂しい思いをしている母も多いと思うので、寝る際にこの抱き枕で癒されるのが良いでしょう。
抱き枕にも色々とありますが、母が好きな動物の抱き枕だとさぞ喜ばれるでしょうね。

バッグなら

女性への贈り物ではいずれの世代でもバッグをプレゼントされた場合に非常に嬉しいもので、実用性だけでなくファッションの一部としても重要なアイテムです。
60代の母にプレゼントを贈る際にもギフトの候補の一つに入りますので、どのようなバッグが欲しいのか密かに探りを入れておくと良いでしょう。

 

まずメーカーやブランドについてですが、この年代の方の場合は非常に目が肥えていますので、エルメス・ロエベ・ルイヴィトン・コーチ・キタムラ・ボッテガヴェネタなどがお勧めとして挙げられます。
やはり高級ブランドが多くなりますので予算的にはかなり厳しい所ですが、上記の中ではコーチやキタムラなどであれば比較的に購入しやすい価格帯の商品が多くあります。

 

また60代の母の年齢にとらわれる事なく、あえて若い世代に人気のブランドを選んだ場合でも喜ばれることもあります。
例えば若い女性に人気の高いサマンサタバサやサマンサベガなどの商品でも、大人のカジュアルスタイルを感じさせる落ち着いたデザインも多くありますので、そのあたりもまたお勧めです。

 

続いて60代の母にバッグをプレゼントする際には、デザインや機能性についても好みを押えておかなければなりません。
まず選ぶ際にもっとも重要なのは重量についてで、この年代になると外見は若くても筋力は落ちますので、軽い物でなければ候補から外しておきましょう。
またバックパック形状は両手が開けられ防犯の面でも優れていますので好まれることが多くあります。

服のプレゼントなら

女性にとってファッションは心ときめくものであり、60代の母にプレゼントを贈る際には洋服もお勧めの贈り物のひとつとして挙げられます。

 

まず60代の母へのプレゼントでは、還暦と関連した所で赤色の服を選ぶことが多くあります。
以前は還暦のお祝いで赤いちゃんちゃんこや頭巾などがセットで贈られていました。
しかし現在のこの世代の方は活発で元気なこともあり、古臭いと感じられるちゃんちゃんこにわ違和感を感じ避けようとする傾向が顕著に見られます。

 

ちゃんちゃんこをネタとばかりに喜んでくれるのであれば良いのですが、お祝いの席で着た以降は袖を通さないことが多くなりますので、それよりは実用的な服として赤いアイテムを贈ると良いでしょう。
例えばマフラーや手袋からやや落ち着いた色合いのカーディガンなども喜ばれる事になり、差し色として身体のどこかに赤色のアイテムを取り入れるとより若々しく見えます。

 

服のプレゼントでは機能性についても考えておくこと。
60代の母ともなれば自身の体で気になることも多く、例えば寒がりであったり冷え性を抱えている場合には裏起毛ジャケットやニットのベストなどがぴったりです。

 

また夏場の日焼けが気になる場合は、ロング丈のシャツやUVカット機能が付いた衣類も好まれます。
特にUVカット加工が施された衣類は近年になり開発されたもので、夏の強い日差しでは服を透過して肌に紫外線が当たることが多く、肌を保護するのに有益です。

 

60代母の誕生日に鏡を贈るなら

女性はいくつになっても綺麗でいたいと思うのが普通ですよね。
それは母親も例外ではなく、いくつになっても女性らしくいたいと心がけているお母さんって多いはず。
そんな「綺麗」を保つために必要不可欠なのが、鏡です。

 

鏡を見る習慣がない女性って少ないと思います。
やはり自分の顔や姿を鏡で常にチェックすることによって、周りの人からどう見られているのか?というのがわかります。
そんな母親の誕生日にはぜひ鏡をプレゼントしてみてください。

 

鏡なんて、もうすでにあるという方がほとんどでしょう。
でも、実は鏡にもブランドのものや、こだわりのデザインなど、様々な種類があります。
こちらでは、60代の母親が喜んでくれそうな鏡を紹介します。

 

こちらで紹介するのは手鏡ですがFrancfrancの鏡はおすすめです。
お洒落なインテリア雑貨が集まるお店として、女性から絶大な支持を集めています。
鏡も本当におしゃれで、持っているだけでテンションが上がります。

 

サリー コンパクトミラー は、鏡全体にフラワーがあしらわれた女性らしいコンパクトミラーです。
女性らしさを演出したデザインで、ポーチに一つ入れておくだけで、女性力が上がりますよ。
専用の巾着が付いているのも嬉しいですね。

 

シャネルにも実は鏡があることをご存知でしたか?
ココ ハンドミラーは、シャネルらしさを全面に出した鏡です。
ブラックの色味で重厚感があり、プラスチックで出来ていますが、しっかりとしたつくりになっていますよ。
母親の年齢を考えると、ちょうどしっくりとくるデザインなのではないでしょうか?

母の誕生日にアロマディフューザーを贈る

女性は男性以上に香りに敏感ということをご存知でしたか?
やはり毎日素敵な香りに包まれて幸せな気分になりたいという方は多いと思いますが、特にアロマの香りが一番癒されるという方は多いはず。
そこで、こちらでは母の誕生日にアロマディフューザーを贈ることをおすすめします。

 

なかなか自分では買わないアロマディフューザーですが、贈り物としてプレゼントされたら嬉しくない方はいないでしょう。
アロマディフューザーといっても、色々なものがあるので、こちらでおすすめのものを見ていきましょう。

 

「フランフラン アロマディフューザー」は、毎年人気があるようです。
「ADキューポラ」は、円柱形になっていて、透明ガラスのカバーは高級感があります。
アロマディフューザーをあまり使ったことがないという方は、デザイン性をより大事にすると思いますが、こちらは、インテリアとしても置いていて邪魔にならない逸品です。

 

ライトを点けた感じも素敵で、明かりの強弱も調節できますし、ライトを消して使うこともできます。
オイルとセットでプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

 

「無印 アロマディフューザー」は、どんなシーンにもマッチするシンプルなデザインが人気です。
無印というだけで、母親世代ならきっと安心して使ってくれるのではないでしょうか。
見た目も機能もシンプルなので飽きず、ライトとしても使えるのも嬉しいですね。
無印には様々なデザインのアロマディフューザーがあるので、母親が好きそうなものを選びましょう。